七五三参り

七五三参りの由来

スポンサードリンク

七五三参りの由来についてですが、
男の子も女の子も三歳になると髪置という髪の毛を伸ばして結いなおす儀式を昔は行っていました。

そして男の子は5歳になれば袴着と言われる男性の正装の、
袴と小袖をつけて扇を持って行事に参加して、
女の子は7歳になると帯解というつけひもを取って本物の帯をはじめて締める儀式をしています。

言い換えてみれば、
七五三は大人に仲間入りする日のことを言うのです。

これを一緒にあわせて、七五三祝いとして、
お参りをしているのが七五三祝いの由来となっています。

七五三をする山菜、5歳7歳というのは、子供の厄年とも言われていて、
子供の体的にも精神的にも節目になる時期ですから、この節目を大切にして、
どんどん健康にますます育ってもらいたいという気持ちをこめて、
お祈りをするという意味合いがこのおまいりにはこめられています。

11月15日にお参りをするようになったのは江戸時代からです。

それまでは11月の良い日を選んで自分の家庭でお祝いするか、
神社などにおまいりに行っていましたが、
11月15日が易学的に基地とがお参りをするようにこの日と、
多くの人がお参りをするようになったのだといわれています。

特に15日にこだわること無く前後におまいりを行ってもいいとされています。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意