七五三縄

七五三縄とはなんて読むの?

スポンサードリンク

七五三というのは行事で、子供の成長を願う行事ですが、
この七五三が他にもに使われていることがありますが、
七五三縄、これって何て読むのでしょうか。

実は七五三縄と書いて、

しめ縄

と読みます。

しめと七五三はよめるのか、
それがかなり不思議な話なのですが、
これは読める事になっているのです。

しめ縄は漢字で書くと注連縄と書きましたが、
同じ太さの横ひも3本5本7本の縄をぶら下げてしめ縄を作ったことから、
しめ縄のことを七五三縄と書くようになったといわれています。

しめ縄のことを七五三縄と書く人はそれほどいないですし、
あまり知られていないことですが、
名字として七五三とかいて「しめ」さんという名前などもいるとのことです。

意外な読み方だけにストレートにすんなりと読める人はきっといないと思いますし、
なかなか難しいことだとは思いますが、
七五三縄の読み方の由来は、このように3本5本7本のひもが由来になっているということを覚えておくと、
しめ縄という漢字が七五三縄と書かれていたとしてもわかるのではないでしょうか。

なかなか最近では見かける機会がないと思いますから、
それほど身近で見る事はないかもしれませんが、
知っておくと何かの時に役立つでしょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意