保育園 1歳児

保育園1歳児の特徴

スポンサードリンク

保育園1歳児の特徴ですが、1歳といえば、
段々歩けるようになりますから、好奇心もう旺盛になって検索活動が活発になります。

外に興味を持つことも広がっていくと思いますし、
周りの人の行動を真似して自分の自発性をアップさせる時期でもあります。

この時期はまだトイレなども一人で出来ていませんし、
食事も一人で上手に食べることが難しい時期ではありますが、
一人ひとりが早く自立できるようにするために、
保育を実施していきます。

保育士が話しかけたり自分から片言で話ができることに対して楽しんだり、
保育士と一緒に歌を歌ったり手遊びをしたりすることなども保育の目標となっています。

保育園の1歳児で保育士が常に気をつけていることとしては、
感染症にかかりやすい時期でもありますから、
感染症にかからないようにしながら観察を十分に行うこと。

そして食べ物なども好みが現れやすく好き嫌いなども現れやすい時期ではありますが、
家庭同様に保育園でも好き嫌いせずに食べられるように気をつけてくれています。

それ以外にも個人の差が大きく現れる時期ですから、
一人ひとりの子供が発育できるように、
お互いの係わり合いなどにも十分に気をつけています。

様々な配慮をしながら保育が進められています。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意