保育園 運動会

保育園の運動会

スポンサードリンク

保育園の運動会は保護者が参加する事ができる日程で行われていることがほとんどです。

例えば土曜や日曜、祝日などに行われています。

保育園の運動会の内容ですが、リレーや徒競走、
ダンスやパラバルーンなどを実施しているところがほとんどですが、
年長になると組み体操をしているところが多いでしょう。

保育園では普段仕事で忙しい両親が一緒に参加するということもあり、
運動会で一緒に楽しむために親子競技を実施しているところもあります。

二人三脚など親子で力を合わせて運動会で頑張れる競技は毎年盛り上がりますし、
人気があります。

普段は給食の保育園が多いですが、
運動会ではお母さんが腕によりをかけて頑張って運動会のお弁当を作ってあげましょう。

仕事が普段忙しくて保育園の行事に参加することが出来ないという人でも、
運動会だけは休みを取ってでも見に行ってあげたい行事ですね。

お母さんだけでなく、
出来ればお父さんも保育園の運動会に参加してあげるとお子さんが喜ぶでしょう。

保育園の運動会の運営は、保育園の先生たちで行いますが、
父母の会なども役員中心に運営をすることがほとんどです。

前日の準備から片付けまで大変ですが、
それも運動外の醍醐味です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意