保育園 事故

保育園で起きた事故

スポンサードリンク

保育園で起きた事故、これは保育園側に責任があることがほとんどではありますが、
この点が裁判を引き起こすことになっているケースもとても多いのが特徴です。

ある保育園で起きた事故で死亡事故なども起きていますが、
保育園側と被害者側で裁判が起きていることもほとんどです。

保育園で事故は遭ってはいけませんから、
保育園で事故が起きないように事故管理や危機管理を徹底している保育園を選ぶ必要があるでしょう。

例えば保育園での事故が起きないように徹底している保育園の見分け方ですが、
どんなに小さいことでもちゃんと報告してくれる保育園、
どの先生も一人ひとりのことについてちゃんと把握してくれていること、
十分な人数の保育士がそろっていること、
保育三冠は毎日きても言いというくらいに開放的な保育園がいいでしょう。

こうした小さな毎日のことですが、
これが保育園で事故を防止するために役立っていることもあるのです。

保育園で起きた事故に関しては、厚生労働省の管轄であり、
児童家庭局保育課の管轄になっていますから、万が一のことがあった場合には、
こちらに連絡をして相談をしてみるといいでしょう。

また保育園で起きた事故で一人では抱えきれない場合には、
弁護士を立てることも考慮しましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意