保育園 費用

保育園の費用はどれくらいかかるの?

スポンサードリンク

保育園は厚生労働省が管轄している施設で、
入園できる年齢は0歳や1歳くらいから、小学校入学前となっていますが、
費用はどれくらいかかるのでしょうか。

保育園の費用ですが保育料は世帯収入によっても違いがあります。

年収が700万円で子供が1人の場合の家庭と、
年収が400万円で子供が2人いる家庭では、
保育園の費用は違いがあるのです。

認可保育園と認可外保育園でも費用は違っています。

年収が700万円で認可保育園に預けていて子供が1人の場合には、
月額の保育費用はだいたい2万円から5万円といわれています。

認可外保育園になると、基本料金が7万円から8万円、
そして給食費などを支払うと全部で費用は延長料金なども入れると、
10万円位するというケースもあります。

他に0歳児になると粉ミルク代や紙おむつ代などが別途必要になったり、
保育園での教材費なども必要になる事もあります。

バス通園をしている保育園になれば、
それに加えてバス代などの費用も必要になってきますから、
これらがかかることをしっかりと把握しておくと困りません。

認可保育園で、同じ収入であっても、
同じ年齢であったとしても住んでいる場所の自治体や市町村によって、
保育園の費用が違うこともありますから、
市役所や管轄の場所で確認しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意