男性の育児休暇取得率

男性の育児休暇取得率が低い理由

スポンサードリンク

男性の育児休暇取得率がなかなか上がらないのはなぜでしょうか。

男性の育児休暇取得率が上がらない理由、
それはやはり抱えている仕事をストップさせたり、
他人に任せてまで育児休暇をとるという雰囲気ではない、
というケースが一番に上げられるのではないでしょうか。

仕事を他の人に任せることは、その人に負担を与えることになりますし、
その人野仕事にも影響が出るかもしれません。

また仕事をストップさせてまで育児休暇をとるということに対しての理解や、
前例が、それぞれの勤務先でないために、育児休暇を取得する権利がいくらあったとしても、
なかなかそれを勤務先の雰囲気などを見て考えると、
取得したいと言い出せない、そんな人がとても多いと思います。

ですから女性野育児休暇取得率に対して、男性の育児休暇取得率が極端に低く、
年々上がっていってもいいのに上がらないのは、
職場の雰囲気や自分の立場などからなかなか取りにくいという問題点があるからなのです。

それを考えるとせっかく権利はあっても、
どうしても申請するに至らないということもありますし、男性の中には、
自分が育児休暇をとるということに対しての意識があまりないという人もまだまだ少なくありません。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意