スウェーデン 育児休暇

スウェーデンの育児休暇について

スポンサードリンク

スウェーデンの育児休暇についてここでは見ていきたいと思います。

スウェーデンでは、子供を持っている親は最大で480日、
つまり16ヶ月(1年4ヶ月)育児休暇をとることが出来ますが、
取得する時期は産後からスタートしなくても、
子供が8歳になるまでに取ればいいという制度になっています。

給付金の額は、給与の最大で8割もらえます。

最大というところですが、
これは高所等でも給付額に上限が決められているということになっています。

現在の上限は42万円となっていて、
所得が低い人でも、最低8万6千円はもらえる仕組みです。

この給付額ははじめの390日に適用されるとなっているので、
残りの90日は一律3万円弱となっています。

スウェーデンの育児休暇の与えられている480日は、240日ずつ男女に与えられていますが、
最大180日分は自分で休暇を取得せずに、パートナーに譲ってもいいことになっていますが、
最低でも、60日分は自分で消化することになっています。

父親だけずっと働いて母親だけが育児休暇を取得する場合には、
相手から譲ってもらった分も含めて420日分だけになりますから、
残りの60日もしっかり育児休暇を取りたければ、父親が休まなければいけない仕組みですから、
きちんと育児休暇を消化するのなら、
男性も必然的に育児に協力する形になるのです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • スウェーデンの育児休暇について関連ページ

    住民税はどうなる?
    出産を控え、やっとゆっくりと準備に取り掛かれる育児休暇。考えなくてはいけないのは、出産の事だけではないと御存じですか?
    育児休暇証明書について
    育児休暇証明書は、育児休暇を取得した事を証明する書類で、 保育園や育児休業給付金を申請する時、その他の場合に必要になります。
    申請のしかた
    育児休暇と合わせて、出産休暇の申請も行う事になりますので出産前に全ての手続きを開始する必要があります。