育児休暇制度

育児休暇制度について

スポンサードリンク

育児休暇制度とは、
子供を育てながら働いている人が法律によって取得できる休暇のことを言います。

一般的には育休といった呼び方をすることが多いです。

育児休暇制度は働いている人を対象にしている制度ですが、
子供が1歳になる間取得可能ですし、女性ばかりが取らずとも、
男性も取得することは可能です。

産後の休業期間はふくまず、子供が1歳になる日、つまり誕生日の前日までの、
10ヶ月あまりの期間が育児休暇制度の対象期間となっています。

ですが、保育所に入れようと思っているのに、
申込みをしているけど入れないも今は増えており待機児童として家にいる子も多いですが、
そういった場合には、1歳6ヶ月まで延長することができます。

育児休暇制度の期間中は働いている間の実態に基づき給与は支給されないのですが、
それを補填する措置として、育児休業基本給付金、
そして育児休業者職場復帰給付金が支給されます。

育児休暇中は申請すれば社会保険料も免除可能です。

この期間は育児休暇が開始した月から、
終了予定日の翌日が属してる月の前月までです。

社会保険料が免除になるのは育児休暇中はありがたいことですし、
免除されている間も保険証が使えるのは便利ですからこちらは申請して免除してもらうよう荷するといいでしょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 育児休暇制度について関連ページ

    住民税はどうなる?
    出産を控え、やっとゆっくりと準備に取り掛かれる育児休暇。考えなくてはいけないのは、出産の事だけではないと御存じですか?
    育児休暇証明書について
    育児休暇証明書は、育児休暇を取得した事を証明する書類で、 保育園や育児休業給付金を申請する時、その他の場合に必要になります。
    申請のしかた
    育児休暇と合わせて、出産休暇の申請も行う事になりますので出産前に全ての手続きを開始する必要があります。