ベビーマッサージ 資格

ベビーマッサージの資格

スポンサードリンク

ベビーマッサージの資格は取得すれば児童館、
公民館などでベビーマッサージの指導をしたりインストラクターをすることができます。

ベビーマッサージの資格は国家資格ではありませんが、
民間の資格になります。

ベビーマッサージの資格を取得できる人は、
例えば保育や医療系の資格をすでに持っている人といったように、
対象が限定されていることもありますので、
自分が対象になるかどうかは必ず確かめておきましょう。

ベビーマッサージは赤ちゃんとお母さんのコミュニケーションツールとして、
スキンシップを活発にすることでこれらを活発に促す効果が規定できます。

ですから各地でベビーマッサージ教室を行っていたり、
家庭でもベビーマッサージをしたいという人が増えているのが現状です。

産院などでも指導をしているところもありますから、赤ちゃんに携わる仕事をしている人、
これから赤ちゃんが生まれる人などは、ベビーマッサージの資格を取得するのがいいでしょう。

ベビーマッサージの資格はお母さんが取得しているケースもとても増えてます。

ベビーマッサージセラピスト、
インストラクターなどは通信教育で取得できるものもありますから、
認定資格を取得するために勉強をしてもいいでしょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意