出産祝い 食べ物

出産祝いに食べ物を送る

スポンサードリンク

出産祝いに食べ物を贈るのも一つの方法です。

気の知れた友達などの場合に、二人目の出産祝いに、
すぐに食べられる例えばホテルの高級カレーの詰め合わせをプレゼントしたり、
そういった感じの食べ物をプレゼントすると喜ばれたというケースがあります。

また実家に帰っているという人が多いですから、
実家の皆さんで召し上がってもらえるような出産祝いをプレゼントしてもいいですね。

出産祝いというのは、どうしても赤ちゃんが生まれた御祝ですから、
赤ちゃんの物を選んでしまう人のほうが多くなると思いますが、
そんなことはないのです。

頑張って赤ちゃんを産んだお母さんに、
ご褒美として出産祝いをプレゼントしても喜ばれること間違いないでしょう。

食べ物で普段自分では買わないような物をプレゼントしてあげると喜ばれますし、
先ほど紹介したように二人目出産後、
育児に翻弄されて大変なお母さんがさっと食べられるレトルトの美味しい物を贈ってあげても喜ばれるでしょう。

贈られた側、受け取る側の気持ちに立って食べ物を贈ってあげるといいですね。

もらっても困る食べ物ほど困るものはありませんから、
相手が食べられるかどうかなども考慮した上で選ぶようにしていきましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意