出産祝い お返し 時期

出産祝いのお返しを送る時期

スポンサードリンク

出産祝いのお返しを送る時期についてですが、
それは内祝いを贈る時期という事になりますね。

人によって贈る時期も様々ではあると思いますが、だいたいは、
お宮参りが終わってから早めに贈ったほうがいいでしょう。

時期的に具体的に数字を出すと、
生後1ヶ月から遅くても2ヶ月になるまでに贈るのがいいといわれています。

出産祝いは通常生後1ヶ月までに贈るのが一般的な贈る時期ということになっていますから、
それをもらってから1ヶ月から2ヶ月の間には出産祝いのお返しを送るのがマナーとなっています。

もしそれ以降にお祝いをもらったという場合にはどうすればいいでしょうか?

その場合にはお礼状はすぐに出しておいて、その後に早めに機会を見つけ、
お返しを遅れるように準備しましょう。
その際は○○も○ヶ月になりましておかげさまで、
健やかに成長しておりますといった感じのカードを添えておくといいかもしれませんね。

一般的にはこれくらいの時期が一番出産祝いのお返しを贈るのに適している時期ではありますが、
それ以外にもらった場合でも臨機応変に対応していけばいいと思います。

その都度お返しをすればいいですから、
あまり時期などは関係ないのかもしれません。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 出産祝いのお返しを送る時期関連ページ

    祝儀袋の書き方
    出産祝いの祝儀袋の書き方について調べてみました。