出産祝い 時期

出産祝いを贈る時期は?

スポンサードリンク

出産祝いを贈る時期について見ていきましょう。
本来出産祝いは、お七夜の生後7日目に持っていくというのが慣わしでしたが、産後1週間前後は今はまだ入院したりしている人が多いのでだいたい贈る目安の時期としては、2-3週間目くらいがいいといわれています。

生後一ヶ月くらいしてからお宮参りをして、その後に出産内祝いを贈るのが大半ですから、先方の都合も考えた上で生後一ヶ月くらいまでに、出産祝いを贈ってあげるようにすれば、先方が後からわざわざ選んだりする手間も省けるのでいいでしょう。

ですが、生後一ヶ月の時期でも、お母さんの体調はまだ本調子ではありませんし、赤ちゃんとの、慣れない生活のリズムなどもありますから、直接手渡しをして贈るよりは、どちらかといえば配送で贈ったほうが無難でしょう。
出産祝いを配送にして贈ったとしても失礼には当たりませんから、むしろ無理をして相手のサイクルを乱してまで直接会って渡すほうが相手に迷惑がかかることもありますから、事前にどうするのか先方の様子も見ながら考えましょう。

送る時期を逃してしまったら遅れたことに対してのお詫びの手紙やメッセージカードもちゃんと添えた上で贈るようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 出産祝いを贈る時期は?関連ページ

    祝儀袋の書き方
    出産祝いの祝儀袋の書き方について調べてみました。